赤ちゃんは連れて行かないことが多い

赤ちゃんは連れて行かないことが多い

赤ちゃんは連れて行かないことが多い 赤ちゃんは葬儀に連れて行かない人々が多いです。冠婚葬祭に元々赤ちゃんは不向きだと言われています。結婚式などのおめでたい席であれば例外がありますが、葬儀は厳かに進められるセレモニーです。もしも赤ちゃんが大泣きしてしまったら、厳格な葬儀が混乱します。泣く事が仕事ですが他の参列者からすれば、大泣きする事は騒音です。
すぐに泣き止む事もあるでしょうが、葬儀という特殊な環境に恐怖を感じ大泣きしてしまう事もあります。泣き止まない状態で参列し続ければ親が周囲の人々から反感を買います。泣く姿や声は家族からすれば慣れっこですが、客観的に見ればセレモニーを妨害する声ですし、また不特定多数の人々が行きかう施設に抵抗力が低い乳幼児を連れてくることは良くないという指摘があります。
そのため、多くの方は乳幼児を連れて行きません。親戚や知人の方々に預かってもらいます。またその時だけベビーシッターにお願いするなど、工夫すれば自由にセレモニーに参列出来ます。

葬儀場によっては授乳室がある場合もある

葬儀場によっては授乳室がある場合もある 乳児を連れて葬儀に出席するのは大変です。ミルクの用意やおむつの用意などたくさんの荷物を持って出かけなければなりません。外出先でもいろいろと気をつかいます。
式の途中で赤ちゃんが泣くこともあるでしょう。そんな時、手っ取り早く落ち着かせるには授乳が一番です。家にいればすぐできることですが、外出先での授乳は人の目があり簡単にはできません。最近は授乳室のある葬儀場があるそうです。いろんな方が利用するところなので、多くのニーズに答えようと作られているようですが、子育て中のママにとって授乳室があるのは大変助かります。葬儀では当然喪服を着ているため、授乳に適しているとは言えません。授乳室であれば利用者も限られているため安心だし、ママも赤ちゃんもリラックスして授乳できます。外出先で気兼ねなく赤ちゃんをお世話できる。それはとても心強いものです。子育て中の方が使いやすい葬儀場が、今後ますます増えることとを期待します。

新着情報

◎2019/4/1

参列する時のマナー
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

葬儀の日程
の情報を更新しました。

◎2018/6/20

葬儀中のオムツ替え
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

赤ちゃんは連れて行かないことが多い
の情報を更新しました。

◎2018/2/14

サイト公開しました

「葬儀 赤ちゃん 」
に関連するツイート
Twitter